自閉症・勇吉の生い立ち&勉強したこと


自閉症とは100人いれば100とうり。ココでは勇吉の年齢ごとの記録と私が勉強したことを書き込みます。
by ranrantomomo
カテゴリ
全体
勇吉の生い立ち
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

養護学校1年生。初めての運動会(2)

初めての養護学校での運動会。
どんな風なんだろう???って感じで凄く楽しみにしていました。

市内には養護学校の小学部、中学部が1校しかありません。必要としているお子さんは沢山。
年々ふえつづけている。
校舎の建て増し、建て増し・・・。
その結果とても狭い運動場になってしまいました。
そのため午前が小学部、午後が中学部という風に分けて行われました。

まず生徒の入場。
生徒3人に1人の先生がつきます。
フォローされつつも整列し6年生の男の子が
選手宣誓をしました。凄く頑張って練習したんだと思います。
こんな沢山の人の前で凄いよ!と知らないお子さんではありましたが感激したゆうゆうでした。

聴覚が敏感なお子さんが多く、耳をふさぎながら競技に取り組んでいる子。
ヘッドホーンをつけている子も何人かいました。
それでもね笑顔だったんですよ。

私は彼(彼女)たちにとって運動会って苦痛ではないのかな?という一物の不安があった。
でもそんなことはなかったです。
中には緊張してしまいしんどそうなお子さんもいたけれど、時に笑顔も見せてくれました。

練習の成果をみてみて!!と観客席を意識しながら競技しているお子さんが多かったことにビックリしました。
笑いながら走っていましたよ(●^o^●)

競技数は少ないけれど多いとそれだけ練習に追われる。だから結果としてちょうどよかったんだと思います。

いろんな工夫もなされていて、ピストルの音は聴覚過敏なお子さんにとっては苦痛です。
だからスタートの合図は笛でした。

コースがわかりやすいように走るときは色つきのわっかを持ち、そのわっかと同じ色のビニールテープを巻いたコーンのところにわっかを入れてゴール。
視覚優位の彼(彼女)たちにとってとてもわかりやすかったようです。

勇吉はね、全然緊張してなかったですよ(笑)
と~~~ってもスローリィ。
でも競技の流れはわかっているようでした。
いつもにましてスローリィだったには理由あり。
お父さんの姿が目に入ってしまったから
そちら向きながら走るはずでしたが歩いてました(笑)
でもちゃんとゴールできたよ。
勇吉、ナイス(●^o^●)

昨年までは私たちの姿見つけるとこっちに来てしまって困ったんです。

すこしおにいちゃんになったね
勇きっちゃん(●^o^●)

そんな勇吉をほめてくれたね大吉よ。
あんたも成長したわね。
私も大きくて あったかいかーさんになりたいぞ!!

いまは鬼ばばだけどね^_^;
[PR]
by ranrantomomo | 2005-12-29 18:13
<< 平成18年・1月9日・勇吉7さい 養護学校1年生。初めての運動会(1) >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧